Sonyのビデオカメラで撮影した動画をiPad Proで編集する方法

子供の成長というのは著しいものがあるので、記録に残しておかなければすぐに忘れてしまいます。

特に、行事は一生に一度というものも多いので、しっかりとビデオカメラに収めています。そんな先日、子供の幼稚園が行われました。

大事な「晴れ舞台」なので、ご多分に漏れず動画を撮影しましたが、動画をそのまま無造作にハードディスクに保存するのは楽ではあるものの、あとで見返す時に非常に不便です。

また、遠方に住んでいる両親は式に出席できないので、変わりに動画を送ってあげる必要があるものの、そのまま10個以上の大容量ファイルを送りつけるわけにもいきません。

となると、動画の主要な部分だけを切り出し、かつ分かりやすいようにまとめて1つのファイルにする,いわゆる「動画編集」が必要となります。

これまで、動画の編集はMacで行っていましたが、現在はiPad Proのみで編集作業を行っています。

今回は子供の卒園式動画を例に、動画撮影から編集までの工程および、なぜiPadを使うのかという点について書きました。

動画撮影

動画撮影には、Sonyの「HDR-CX560」を使用しています。

動画撮影にはSony HDR-CX560を使用

動画撮影にはSony HDR-CX560を使用

7年前に購入したものなので、すでに生産終了になっていますが、未だに現役で使用しています。※参考:後継機種は「HDR-CX680」になります

なお、撮影時の手ブレは見る側にとって非常にストレスなので、可能な限り三脚を用いて撮影するようにしています。

動画をMacに取り込む

MOVファイルは直接インストール不可

MOVファイルは直接インストール不可

Sonyのビデオカメラは、動画が「○○○.mov」というファイル形式で保存されますが、純正のSDカードリーダーを使用しても、このファイルをそのままiPadに取り込むことはできません。

そのため、パソコン(Windows、Mac)を使用してMOV形式のファイルをMP4形式へ変換する必要があります。

私はMacを使用していますが、変換には様々な動画の形式を変換することが可能な「HandBreake」を使用しています。

HandBreakの操作方法については、別の記事で詳しく紹介していますので、興味があればご参考にしてください。

handbrake-iconHandBrake(動画変換ソフト)で動画データを取り込む
Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

Apple Lightning - SDカードカメラリーダー

2,905円(08/22 12:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

動画をiPadへ転送する

AirDropでファイル転送

AirDropでファイル転送

動画をMP4形式に変換したら、「AirDrop」でデータをiPadへ送ります。

AirDropは、Apple製品間でファイルの高速転送が可能なAppleの技術で、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで高速転送が可能です。数百MBのデータも数秒で転送が完了しました。

iMovieで動画編集

iMovieで動画編集

iMovieで動画編集

動画が保存できていること確認したら、「iMovie」で動画を編集します。

プロジェクトに動画を読み込み

プロジェクトに動画を読み込み

新たにプロジェクトを作成し、保存した動画を読み込むと1つの動画になります。とはいえ、動画を繋げただけでは味気ないし、不要なシーンも多いものです。

そこで、再生→停止→編集→再生→停止・・・と繰り返して編集作業を行なっていくことになりますが、iPad Pro 10.5インチはこの一連の作業において全くストレスを感じません。

データ量の大きな動画を扱うのは、Macですらカクつくときがあります(私の使用しているMacは、MacBook Pro 13-inch Mid2014)が、iPadはなめらかに動くので非常に編集がしやすいです。

動画編集後に書き出し

動画ファイルの書き出し

動画ファイルの書き出し

動画の編集を終えたあとは、他人へ動画を共有できるようにファイルを書き出します。

画質を求めないなら360pで十分

画質を求めないなら360pで十分

見せたい相手の視聴環境によって変わりますが、相手が高画質で見る必要がなければ、「中-360p」で書き出すとファイル容量が小さくなり、自分にも相手にもやさしいです。

Google Photosにアップロード

Googleフォトは容量無制限の動画ストレージ

Googleフォトは容量無制限の動画ストレージ

遠方の人と動画を共有するする場合は「Googleフォト」を使用します。理由は、動画が無料で保存できるからです。※1ファイルあたり10GBという制限有り

リンクを作成し、共有アドレスを取得

リンクを作成し、共有アドレスを取得

アップロードが完了したらGoogleフォトで動画を選択し、「リンクを作成」するだけで、誰でもアクセス可能な共有アドレスが手に入ります。

参考
アドレスは「https://photos.app.goo.gl/〜〜〜〜〜」となります。このアドレスを知っている全員が見れてしまうので、相手が動画を見たら削除するなど、取り扱いは注意する必要があります。

共有アドレスを通知

親戚にアドレスを送る

親戚にアドレスを送る

先ほど取得した共有アドレスを親戚に通知します。データ量が大きいため、必ず自宅(Wi-Fi環境下)で閲覧するように伝えます。

後ほど動画を見た旨の連絡があったので、忘れずに共有を解除します。

動画編集にiPadを使うメリット

iMovieで動画編集

iMovieで動画編集

  • 再生・編集時のストレスがない
  • MacのiMovieに慣れていれば、操作を覚えるのが楽
  • 場所を選ばない(通勤中のバスの中でも、フライト中でもいい)

正直、動画編集に関してまだMacに及ばない部分もあるが、iPad単体でも同等のモノは作れます。

同じような悩みを持つ“パパ”も多いと思うので、少しでも参考にしていただけると嬉しい限りです。

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

109,518円(08/22 20:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
Apple Smart Keyboard Folio (11インチ iPad Pro 用) - 日本語

Apple Smart Keyboard Folio (11インチ iPad Pro 用) - 日本語

20,606円(08/22 07:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

14,636円(08/22 20:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。