新型iPad Pro(11、12.9インチ)を買わずにいる理由

昨年11月に発売開始となった新型iPad Proですが、実はまだ手に入れていません。

端的にいうと「金銭的な余裕がないので買えない」ということになるのですが、じゃあお金があれば買うのかというと微妙なところです。

そこで、若干こじつけな感はありますが、今回は“なぜ新型iPad Proを買わないのか”という理由について書いてみました。

10.5インチでも性能・機能が十分である

iPad Pro 10.5

新型iPadを買わない理由としては、まず、「iPad Pro 10.5インチを使用していて、特に不満がない」ということが挙げられます。

私は、iPad ProをWEB閲覧から動画編集まで幅広く利用していますが、処理が遅いなと感じたことはありません。

使えば使うほど馴染んでいくというか、逆に”自分がiPadに最適化されつつある“ことに恐怖すら感じます。(1日5時間以上はiPadを触っていると思います)

iPad Pro 10.5インチはAppleのサイトでも現行モデルとしてラインナップされており、これはいまだ「性能・機能とも申し分ない機種」だということを表しています。2019/3/19修正:iPad Airの登場により,iPad Pro 10.5インチはラインナップから外されました

10.5インチとのアクセサリに互換性がない

新型iPadを購入する場合、iPad本体だけであれば良いのですが、iPad Proの11インチと10.5インチとで各種アクセサリー(Apple PencilやSmart Keyboardなど)に互換性がないため、また一から買い揃えなければなりません。

新型iPadを購入した場合に、今と同じ環境にするために必要なアイテムは以下のとおりです。

  • iPad Pro
  • Smart Keyboard Folio
  • Apple Pencil
  • USB-C – SDカードリーダー
  • USB-C Digital AV Multiportアダプタ
  • 液晶保護フィルム(ペーパーライク)

そのまま流用できるのは、AirPodsぐらいです。

上記一式を揃えなおすのは、色んな意味でインパクトがあることが分かります。

金銭的な余裕がない

金銭面の余裕

なんだかんだと書いてきましたが、結局これが全てです。

15万円ほどポンッと払えるお金があれば、早々に購入しているかと思います。

慣例でいけば、あと半年もすればアップデートされたiPad Proが出るでしょうから、そちらを狙うのもアリかなと・・・。

おわりに

「Apple信者ならローンしてでも買うべきだ!」というお声もあるかもしれませんが、新型iPad Proに対して”強烈な物欲“が湧き出ているわけではないので、もう少し「iPad Pro 10.5」と付き合っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。