受け取る書類はEvernoteに取り込む

スマホなどのデジタル機器が普及し、液晶画面から情報を得ることが当たり前の時代となりました。

しかし、実際に生活をしていると、まだまだアナログ媒体による情報が多いのも事実。

そこで今回は、私が行っている「手元に届いた書類をiPadに取り込む手法」について書いてみました。

受け取る書類

日に日に溜まっていく書類

日に日に溜まっていく書類

私の元に届く書類には、以下のようなものがあります。

  • 各種契約書(保険証書など)
  • 地域の回覧板
  • DM(ピザの広告チラシなど)
  • 小学校や幼稚園からのお便り
  • 子供のお絵かき

ザッと挙げただけでも、これだけの量の書類がひっきりなしにやってきます。(我が家は新聞は契約していません)

Evernoteに取り込む

書類をEvernoteに取り込む

書類をEvernoteに取り込む

届いた書類は、以下のような方法で、Evernoteに取り込んでいます。(ここではiPadのEvernoteアプリを使用しています)

iPadでEvernoteアプリを立ち上げて操作

iPadでEvernoteアプリを立ち上げて操作

iPadのEvernoteを立ち上げて、「+」を長押しすると3つのアイコンが出るので、真ん中の「写真」を選択します。

写真撮影画面になる

写真撮影画面になる

Evernoteの画面が、写真撮影画面に切り替わります。

書類にかざすと自動で撮影される

書類にかざすと自動で撮影される

カメラを、取り込みたい書類(ここでは子供が書いた絵)にかざすと、緑の枠が表示されて、自動で撮影されます。(自分でシャッターを押す必要はありません)

撮影後にノートが作られる

撮影後にノートが作られる

撮影が終わると、取り込まれた写真が入った「スナップショット」という題名のノートが作られます。

分かりやすい題名に変更する

分かりやすい題名に変更する

スナップショットのままでは分からないので、自分の管理しやすい名前に変更します。

写真データは他のアプリに共有もできる

写真データは他のアプリに共有もできる

撮影したデータは画像ファイルなので、他のアプリに共有することもできます。

以上で、取り込み作業は終わりです。

おわりに

当然ながら、Evernoteに取り込んだとしても、捨てられる書類と捨てられない書類があります。(契約書の控えや保険証書など)

しかし、デジタル化をすることによって、「本当にこの書類は必要か?」と一度考えるキッカケになるので、無駄な書類が増えることを防げる可能性が高くなります。

取り込んだデータが全部Evernoteに入っているという状態は安心感にもつながりますので、ご興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

15,286円(10/01 02:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。